2006-01-06

眞鍋ブログ派のトラックバック観

関連エントリー集に纏めますが

 ようやく応用編が更新されたので見た。注目はトラックバック観の質疑応答。予想通り、下記のようなものだった。

 例えばブログの記事を書きます。関連する他のブログ記事にトラックバックをうちます。そうすると相手の記事から自分の記事にリンクが貼られて、そこからコミュニケーションが生まれると言うわけです。

 これが言及記事を書くからトラックバックを送るような考え方から見ると、最初に言及先の記事を読んでから、記事を書き、その後トラックバックを打つと言う順序を踏む。コミュニケーション重視だと検索トラックバック方式(記事を書いた後に関連記事を探す方式)を採用し、言及方式だと記事を読んでから文章を書くと言う方式を採用してしまう。このような考え方の違いは仕方がない。ないが、予想通りの質疑応答を聞くと何だか気が滅入る。別に私は沢山のトラックバックを貰いたいからトラックバックを打つのでもなければ、コミュニケーションを求めて打っているのでもない。ましてや宣伝を行いたくてやっているのでもない(また、そうとられると困る時もあるため、私はトラックバックしたくないことも多々あるしコメント欄も書きたくはないことも多々ある)。

 まあ、コミュニケーションを重んじる方からすればそうしたくはないだろうかもしれないから咎めなどしない。ただ、順序が違うと当然トラックバックの内容も違うから、文化摩擦が起こる。これは堪えねばならない。

方針の異なる人々

 例えばリンク問題で「内輪でわいわいしたい人」と「全ての記事を自由に扱いたい人」とがネットの扱い方の方針が異なるために衝突したように、今回も似たようなものなんだなと思えた。両者のネットの扱い方は根本から違う。それはどうしようもないこと。改めて感じるのは、考え方の違いに他ならない。

番外

 私は大声で「間違っている」とは叫ばない。一つの考え方として、一つの世界を生き抜く渡世術なんだなと、講座を見て思った。その他、収録大変だったろうなと、全然関係ないことも思った。

posted by yosiyama at 17:20 | TrackBack(0) | 書き散らし記事

この記事へのトラックバック一覧

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。