2005-12-08

無邪気を装った悪意

吃驚

無邪気を容認すると無邪気を装った悪意が蔓延る。

 まさか無邪気RinRin王国(PC)からリンクされるとは思わなかった。

悪意を話に出すと途端に行き詰る

 私も何が悪意かを話に出すと行き詰るくらい知っています。それを見分けるのが困難であるし、それはそもそも個人の主観ではないか。何かを悪と設定すること自体が不可能に近い。

 ただ、一つの誤りを正そうとする姿勢を見て、言いようのない複雑な違和感があった。何でもかんでも頭ごなしに修正すれば良いわけじゃない。わざわざブックマークして、指摘して、それが何になるのかと思った。ああ言う誤った例や受け付けられない文化を根掘り葉掘り探して2chの板に曝け出して「痛い痛い」と騒がれるような姿はやはり肯定できない。

 確かに無邪気を容認すると無邪気を装った悪意が蔓延るのは分かる。無邪気を装った悪意を許してはならない。また無邪気を理由に何もかもを許すと言うのも難しい。永劫許し続ける事もできやしない。

 だから私は、一度目に正しさを教えつつも、こちら側にこないようにだけ述べるだけにして、対岸のコミュニティには触れないような姿勢をする。ただし、二度来訪するような事があれば、こちら側の仕組みに従えとは言う姿勢も同時に必要だと思えます。

無邪気を攻撃して良い

 ひとつの価値観を信じて、異文化を排撃したがるのもひとつの文化。「無邪気を攻撃してよい!」という正義感が現に存在することは、私たち(?)も受け入れざるを得ない。

 まあ、戦争も一つの交流手段だしねえと思う。これに対して特に異を投げない方針。

posted by yosiyama at 10:08 | TrackBack(0) | 書き散らし記事

この記事へのトラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。